機能を統合した製品|クラウド型sfaシステムの導入について|様々なシステムを活用する

クラウド型sfaシステムの導入について|様々なシステムを活用する

機能を統合した製品

男女

電気設備に関する業種に携わる企業の中には、電気申請図面の作図を日常業務として行っている企業が存在するかと思います。もし、そういった企業の中で電気申請図面の作図を効率的に行ないたいと考えている業者が存在するのであれば、電気設備CADソフトの導入をお勧めします。ただ、電気設備CADソフトと一概にいっても、その製品は数多く存在しています。導入を検討する時には、その中から一つを選ぶ必要があるのです。もし、製品選びで迷っている企業が存在するのであれば、見積書を作成するための積算ソフトの機能を統合した電気設備CADソフトの導入をお勧めします。

積算ソフトの機能を統合した電気設備CADソフトを導入した際には、電気申請図面の作図効率だけでなく、見積書作成まで短時間で行なえるようになるでしょう。もし、それらの機能が別々であったなら、電気申請図面を作図後、積算ソフトにて図面上で使用した材料の拾い出しを行なわなければなりません。また、材料の拾い出し後には各材料の単価を調べて入力する必要もあります。しかし、それらの機能が統合されている電気設備CADソフトであれば、一つのソフトウェア上にデータが存在するため、材料の拾い出しが自動的に行なわれるのです。また、各材料の単価についても、データベース上に収録しているカタログ情報から引き出すことができます。このように、今まで時間の掛かっていた作業をスピーディにこなすことができるようになるのです。